水泳の練習の基本からテクニックまで


水泳できない。
水が怖くて泳げない。
そんなあなたに。

それでも、泳ぎたいというあなたに
如何したら、出来るようになるかをお伝えいたします。

まず、プールに入る前に
柔軟体操しましょう。

特に、足、手を柔らかくするように
両足、両手をぶらぶらします。
適当に汗をかいたらやめます。

あと、オススメは、ラジオ体操。

柔軟体操の後は、浅いプールに入ります。
まず、口を水につけて水の感覚を知ってください。
見ずに慣れるということ。

見ずに慣れたら、顔をつけてください。
最初は目をつぶったままでいいです。

慣れてきたら、目を開けてみてください。
始めは短め、徐々に時間を長くしていきます。

次は体ごと水の中に。
始めは短時間で上がってください。
慣れてきたら、今度は目を開けてみてください。

プールの端を掴んで、
足だけバタバタしてください。
バタバタをリズミカルにできるようにしてください。

リズミカルにできるようになったら
今度はビート版を使って泳いでみてください。
始めは短距離、だんだん、長くビート版で泳いでください。

あなたの胸くらいの水深のところで
今度は腕を動かして水とじゃれてください。
水とじゃれて水慣れしたら、平泳ぎ、クロールなどの腕の動きを練習してください。