水泳ダイエットには平泳ぎがおすすめです



ダイエットと言えば、食事の置き換えダイエットとか
ジム等の運動系でダイエットをする方法等がありますね。
でも、前者はずっと続けないといけないし、もし、やめてしまうとリバウンドが心配です。
また、後者は運動好きでないと長続きしません。長続きしないということは、目的(ダイエット)が達成できないということです。

ダイエットで大切なのが、「継続」

継続するには、その行為自体を好きにならないといけないし、
その行為が誰でも手軽に行えないといけない。

継続を考えると、私は「水泳」をおすすめします。
なぜなら、たくさんの人が夏には海水浴を楽しむからです。

また、水泳は環境が水中と言うことでGつまり重力から解放されるのです。
プールで泳ぐと全身運動となり、知らぬ間に体の脂肪燃焼を促進しますし、
筋肉も増えてまいります。

1ヶ月で体重が1キロしか減らなくても
脂肪が3キロ減り、筋肉が2キロ増えている場合が考えられます。
水泳を続けて3ヶ月を過ぎた頃、きっと実感できると考えます。

水泳と言ってもクロールをおすすめするわけではありません。
クロールだと泳法をきちんと学ばないといけないですし、
身体に大きな負担をかけてしまい、ダイエットには不向きとなるのです。

水泳でダイエットするなら、「平泳ぎ」

もちろん、平泳ぎにもちゃんと知らないといけないものがありますが、
ダイエットと考えると、そこまで知らなくてもいいのです。

近くのプールで20分以上平泳ぎをして、そして継続してください。
週に1回できれば2回3ヶ月続けてください。
その結果、あなたは実感できるでしょう。

もし、平泳ぎで疲れたら、歩いてもいいのです。
歩いてもいいので、20分必ず続けてください。


水泳でダイエットをするに当たり注意しないといけない事があります。

1.長時間、水泳しない事
2.水泳後、体を冷やさない事
3.空腹で水泳しない事
4.タンパク質(筋肉の素)を積極的に摂る事
5.自分の体と相談しながら水泳する事


1.長時間、水泳しない事
長時間水泳すると、さらに効果があるかと言えば逆効果となることが多いです。なぜなら、長時間水泳すると、その分体に負担をより多くかける事になります。体にたくさん負担を掛けるということは、病気や怪我の誘発するかもしれません。


2.水泳後、体を冷やさない事
水泳中は水の中なので、内臓が冷える傾向にあります。ですので、水泳後は暖かいお風呂に入るのが理想です。内臓が冷えると脂肪分を蓄積しやすくするからです。


3.空腹で水泳しない事
空腹で水泳すると、脂肪燃焼、筋肉増量とその素となり材料が不足していますので、
それらがうまくいかなる可能性が考えられます。


4.タンパク質(筋肉の素)を積極的に摂る事
3でも書きましたが、水泳は筋肉を作る働きがあります。でも、筋肉を作り材料が不足すると作るに作れない事になります。ですので、筋肉の素であるタンパク質を積極的に摂らないといけないのです。


5.自分の体と相談しながら水泳する事
体調の悪い時とか、悩んでいる時とか水泳に集中できないとろくなことはありません。
怪我でもしたら損ですからね。