平泳ぎだけではなく、ほかの泳法も正しく身に着け
自分のタイムを上げたい人は下記のDVDをオススメします。

水泳スピードアップ・プログラム【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組

クロールの泳ぎ方

クロールは水泳の基本とも言える泳法で、
小学生までに一度は練習する泳ぎ方です。

ほとんどの人が平泳ぎや背負い泳ぎができなくても、

クロールならとりあえずできるという人が多いと思います。

クロールは基本的に手で水をかく「プル」という動作と、
足で水を蹴る「キック(バタ足)」という動作を連動させて泳ぎます。


どちらの動作も非常に重要ですが、
キックは特に難しく、小学生の水をバシャバシャするだけのバタ足ではなかなか推進力がえられません。

このキックをうまくするには、
足首を柔軟にして、ひざを絶対に曲げないという事を意識して、
とにかく足の力で進む事を意識して練習すると、
感覚をつかみやすくなります。

また、水をかくプルの動作も重要です。

プルはストレートと呼ばれるプルが一番簡単で、
単純に前から後ろに水をかくだけです。

上級者になると、
C字プルやS字プルという水の掻き方ができるようになりますが、
まずはストレートからしっかり練習して、水を掴む練習をしましょう。

このプルの動作でも、しっかり前に進めるように、
プルだけでも練習してみるといいかもしれません。

最終的にはキックとプルの連動が重要です。

正しいクロールの泳ぎ方をマスターするには
・独学でクロールの泳ぎ方をマスターする(DVD教材を購入する)
・指導者についてクロールをマスターする。

指導者についてクロールを練習する方が短期間に正しいクロール泳法を身に着けられますね。

このサイトには、下記のコンテンツがあります。

泳ぎ方の基本平泳ぎの泳ぎ方背泳ぎの泳ぎ方バタフライの泳ぎ方クロールの泳ぎ方水泳で筋トレ水泳でのゴーグルオススメは水泳のジャージでオススメは水泳のフィンでおすすめは水泳服でオススメは水泳ダイエット効果水泳のカロリー消費量水泳の名言水泳後の食事水泳中に聞く音楽は水泳で得るもの



平泳ぎだけではなく、ほかの泳法も正しく身に着け
自分のタイムを上げたい人は下記のDVDをオススメします。

水泳スピードアップ・プログラム【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組