平泳ぎだけではなく、ほかの泳法も正しく身に着け
自分のタイムを上げたい人は下記のDVDをオススメします。

水泳スピードアップ・プログラム【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組

バタフライの泳ぎ方

バタフライは見ているだけでもその豪快な泳ぎが特徴的で、
カッコイイ上級者の泳ぎだとは思いませんか?

素人がやろうとしてもなかなかうまくできないのがこのバタフライです。

バタフライは、ウェーブ泳法と呼ばれる泳ぎ方で、
水の中と外をウェーブするように泳ぐのでウェーブ泳法とも呼ばれています。


水面と水中で実に2回もキックして泳いでいるので、
素人にはまず難しい泳ぎ方です。

バタフライでは、腰の使い方が非常に重要で、
腰が入った泳ぎができないと、
身体が水面にでないので、溺れているような形になりサマになりません。

ですので、腰の入ったしっかりとした泳ぎがバタフライでの基本となります。

そして次にキックですが、
バタフライのキックは通称「ドルフィンキック」と呼ばれているキックをします。

このキックの際も腰の使い方がキモになりますので、
腰の入ったキックを心掛ける必要があります。

また、ダイナミックに見えるプル(手で水を掻く動作)も重要です。

このプルには2種類ありますが、
ストレートプルよりもキーホールプルの方が
肩への負担が少ないと言われていますので、
練習するならキーホールプルを練習しましょう。

バタフライの泳ぎ方をマスターするには、
・独学でバラフライを学ぶ(DVD教材を購入する)
・指導者についてバタフライをマスターする


指導者についてバタフライを学ぶ方法が一番早道ですね。

このサイトには、下記のコンテンツがあります。

泳ぎ方の基本平泳ぎの泳ぎ方背泳ぎの泳ぎ方バタフライの泳ぎ方クロールの泳ぎ方水泳で筋トレ水泳でのゴーグルオススメは水泳のジャージでオススメは水泳のフィンでおすすめは水泳服でオススメは水泳ダイエット効果水泳のカロリー消費量水泳の名言水泳後の食事水泳中に聞く音楽は水泳で得るもの



平泳ぎだけではなく、ほかの泳法も正しく身に着け
自分のタイムを上げたい人は下記のDVDをオススメします。

水泳スピードアップ・プログラム【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組