平泳ぎだけではなく、ほかの泳法も正しく身に着け
自分のタイムを上げたい人は下記のDVDをオススメします。

水泳スピードアップ・プログラム【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組

背泳ぎの泳ぎ方

背泳ぎは、背面泳法で、顔を水に浸けずに、
クロールの逆になって泳ぐ泳法です。


顔を水につけなくても良いので、
水が苦手な人が最初に練習するのには最適な泳法とも呼ばれています。

この背泳ぎもクロールと同様の動作が必要になってきます。

まず、キック(足の水を蹴る動作)ですが、クロールと同様のキックを意識します。

クロールの正しいキックが分かっているのであれば、
背泳ぎでもそのまま同じ動きで練習してください。

基本的にはひざは絶対に曲げず、
足首を柔らかく使うというのが、キックの基本です。


ただし、沈みやすくなる背泳ぎでは、
キックの時のダウンキック(下向きの動作)が大事で、
ダウンキックは浮力を生み出すキックなので、
ダウンキックがしっかりできていないと沈んでしまいます。

ですので、
背泳ぎですぐに沈んでしまうような人はダウンキックを意識してみてください。

そうしたらほとんどの場合、沈みにくくなります。

また、背泳ぎで沈んでしまう人の特徴として、
膝が曲がっている人が沈んでしまう傾向にあります。

ダウンキックを意識する時に、
膝が曲がっていないか
という事も一緒に確認してみましょう。


背泳ぎの泳ぎ方をマスターするには
・独学で背泳ぎをマスターする(DVD教材を購入する)
・指導者について背泳ぎをマスターする


指導者について背泳ぎをマスターする方が短期間でマスターできますね。

このサイトには、下記のコンテンツがあります。

泳ぎ方の基本平泳ぎの泳ぎ方背泳ぎの泳ぎ方バタフライの泳ぎ方クロールの泳ぎ方水泳で筋トレ水泳でのゴーグルオススメは水泳のジャージでオススメは水泳のフィンでおすすめは水泳服でオススメは水泳ダイエット効果水泳のカロリー消費量水泳の名言水泳後の食事水泳中に聞く音楽は水泳で得るもの



平泳ぎだけではなく、ほかの泳法も正しく身に着け
自分のタイムを上げたい人は下記のDVDをオススメします。

水泳スピードアップ・プログラム【アテネ五輪代表 森隆弘 監修】DVD2枚組